スミ利ロゴ



www.sumi-ri.com

TOPニュース店舗情報商品案内キャンペーンコラムリンク

特定商取引法に基づく表示



セーラー万年筆

プロフェッショナルギア

インペリアルブラック ボールペン

定価¥11,000(税込)/本
※販売価格、在庫状況はお問い合わせ下さい。

大好評販売中

入荷しました! スミ利に在庫がございます!!
(2021年8月更新)


精悍な黒いボディ! 正に特別な「ブラック」です!!
セーラー インペリアルブラック ボールペン スミ利文具店
1本に4つの機能をまとめた、便利な複合筆記具です!

セーラー 油性ボールペン インペリアルブラック スミ利  セーラー プロフェッショナルギア インペリアルブラック 油性ボールペン

セーラーさんの人気シリーズ、プロフェッショナルギア・インペリアルブラックのボールペン(油性)をご紹介いたします。   セーラーさんでは、ボディを黒にしただけでなく、ペン先、クリップ、装飾リングといった金属パーツまで黒に仕上げた「インペリアルブラック万年筆(定価¥38,500税込)」、「インペリアルブラック4(複合筆記具)(定価¥5,500税込)」が人気となっておりますが、今回ご紹介するインペリアルブラック・ボールペンはその姉妹品、ボールペン(油性)バージョンです。 写真をご覧の通り、艶消しのマット加工が施されたボディに、ブラックIP仕上げのクリップ、リングが印象的なデザイン。 正に「IMPERIAL BLACK(インペリアルブラック)」の名が相応しい1本。 風格と実用性を兼ね備えたお勧めのボールペンです。

マットブラックボディに、ブラックIP仕上げのパーツ
ブラックIP仕上げによるクリップ  ブラックIP仕上げによるリング
スーツのポケットにも似合うマット仕上げ&ブラックIPメッキ

インペリアルブラック ボールペンのボディは、樹脂軸の表面にあえて微細な凹凸を作ることで光を乱反射させて艶消しのマット仕上げとしています。  サラッとした手触りの良さに加え、使い込むことで、鈍い光沢を帯びてくる等、徐々にその表情を変化させ、味が出てくるのがマット仕上げの大きな魅力の一つです。

更に、このインペリアルブラック最大の特徴が、ブラックIP仕上げを施されたクリップや装飾リング等の金属パーツです。 通常、こうしたパーツには金メッキや銀色のクロムメッキが施されるケースが多いですが、ガンメタリック風に独特の光沢と存在感を放つ黒色メッキとなっており、インペリアルブラックの印象を決定的なものにしています。 

IPと言うのは「イオン プレーティング」の略で、アメリカの宇宙開発から生まれたメッキ技術の一種です。 通常のメッキとは異なり、プラズマを発生させて金属を蒸着させるので、密着性が高く、耐久性に優れるという特徴があり、高級腕時計などの装飾にも使われています。 傷に強く耐久性に優れる為、セーラーさんでは万年筆のリングやスチールペン先の金色仕上げに昔からIP仕上げを多用してきました。 IPを用いた装飾技術もセーラーさんお得意の技術と言えます。


インペリアルブラック・ボールペンは、ボディの蓋(クリップ側)と、大先(ペン先側)をひねって、ペン先を出し入れする「回転式」のボールペンです。 日本では、素早く芯を出し入れできる「ノック式」の人気が高いですが、耐久性や信頼性、デザイン性の観点から、欧米の筆記具ブランドでは「回転式」が主流となっており、日本メーカーでも、高級モデルは殆どが「回転式」を採用しています。
インペリアルブラックの回転機構は、少し重みのある操作感が特徴で、ノック式の様な片手での素早い芯の出し入れは苦手ですが、余計な音も発生せず、会議室や教室等の静かな部屋での操作も安心して行えます。

汎用性の高い4Cタイプのレフィル(替芯)を採用
ボディを外すと、芯ホルダーが出てきます。  インペリアルブラックボールペンの芯ホルダー
蓋(クリップ側のボディ)をまっすぐ引き抜くと、この様なパーツが現れます。

セーラー プロギア インペリアルブラックのレフィル(替芯) スミ利  セーラー 芯ホルダーとレフィル スミ利文具店
更に先端の黒い樹脂パーツのネジをくるくる回すと、芯ホルダーが現れます。
右上の写真は、芯ホルダーから、芯を引き抜いたところ。


上の写真をご覧の通り、インペリアルブラックボールペンのレフィル(替芯)は、レフィルを芯ホルダーに差し込んで、それをペン本体に取り付ける仕組みとなっています。
ご購入時にセットされている芯は、ボール径1.0mm(太字)の黒インクです。一般的な0.7mm(細字)よりも少し太めの筆跡は、濃く滑らかで、油性ボールペンの良さを味わえます。 ※別売りで、他のボール径(字幅)やインク色のレフィルに入れ替えることも可能です。
※通称「4C芯」は、JIS規格で形式記号「D」と呼ばれるタイプの芯で、日本だけでなく世界中の多くの筆記具メーカーが採用している規格です(約φ2.3×67mm)。  この為、各社で互換性が有り、お好みのメーカー製に換装してお使いいただいているお客様も多くなっております。 また、メーカー純正替芯の入手が難しい場合でも、他社製の互換品が比較的容易に入手できるメリットもあり、文具好きのお客様からは人気の芯規格となっています。
ただし、替芯は各社ごとに製造機器や仕様に違いが有り、同じ4C芯(Dタイプ)でも微妙にサイズが異なる場合がございます(同じメーカーの芯でも、生産時期により違いが有る場合もございます)。 その為、場合によりましては取り付けが緩かったり、芯の繰り出しに支障が有る等の問題が生じる可能性がございます。 スムーズに取り付けできない芯は無理にねじ込んだりしないで下さい。  有名な例を挙げると、恐らく「通称4C」の由来となっているゼブラさんの4C芯(要するに本家4C芯)は、一応日本筆記具工業会の互換性に関する情報の中で、他のものと互換性があるとされていますが、他のDタイプの芯よりも僅かに太い為、差し込みがきつかったり、ペンを破損させる危険があります(逆にペン先付近の直径は細い)。
メーカー各社が加入する日本筆記具工業会にて、各社製品の互換表を掲載しており、セーラー18−0103芯も各社との互換性が表示されておりますが、社外品のご利用につきましては、上記の点をご注意くださいませ。


インペリアルブラック ボールペンは、堂々とした太軸で高級感も抜群です。 同じシリーズの万年筆が大変人気となっておりますが、万年筆をあまり使われない方や、お仕事等でボールペンが必要な方には、こちらのボールペンタイプがお勧めです! ボールペンなので、メンテナンス等の心配が無く、贈答用としても最適です。

ご自身用としては勿論、大切な方への贈答用としても、100年以上の歴史を持つ、高級筆記具メーカー「セーラー」のインペリアルブラック ボールペンを是非、お勧めいたします。
※贈答用の包装にも対応いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

※店頭販売とネット通販で在庫を共有しております都合上、タイミングにより品切れとなる場合もございます。在庫確認等、お気軽にご相談下さいませ。

セーラー プロフェショナルギア インペリアルブラック ボールペンの仕様
・定価(1本):¥11,000(税込)
・品番:16−1028−620
・替芯: セーラー品番18−0103 ・ ボール径1.0mm ・ インク色 黒
・軸(蓋・大先):AS樹脂マットブラック仕上げ
・クリップ・リング:ブラックIP仕上げ
・寸法:全長133mm×φ17mm(※太さの数値は、クリップやリングの出っぱりを含みます)
・本体重量:28.8g
・付属品:取扱い説明書類、ギフトボックス
※こちらの製品はメーカーの都合により、仕様変更される場合や、生産終了する場合がございます。

スミ利HP掲載開始年月日:2016年4月30日


セーラー プロギアインペリアルブラックボールペンの通販について

スミ利文具店では、セーラー プロフェッショナルギアインペリアルブラック・ボールペンの通販にも対応しております。 お支払方法は、郵便振替または銀行振込による先払いか、郵便局の代金引換とさせていただいております。販売価格、在庫状況等、詳しくは、ご注文予定のペン種(字幅)、お名前、ご住所(都道府県名)、お電話番号をお知らせいただければ、折り返し在庫状況を確認し、商品代(販売価格)や送料を計算してメールにてお知らせいたしますので、その上でご検討いただければと思います(万年筆本体以外にも、インク類やコンバーター類、その他スミ利取扱い商品もあわせてお見積り可能です)。 ご不明の点がございました際はお気軽にご相談下さいませ。

通販のお問い合わせ

在庫状況、販売価格等、通信販売のお問合せはこちらまでメール下さい!
※必ず、ご希望の商品名と個数、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記下さい。
ご質問等が有る場合もこちらからメールお願いいたします。

ご注意
※携帯メール、フリーメール(無料メール)をご利用の場合、お客様の設定等により当店からお送りしたメールが受信されない場合がございますので、当店のメールドメイン @sumi-ri.com を受信可能な状態に設定をお願いいたします(当店側の不備ではございません)。 また、メールをお送りいただいて24時間以上経過しても当店からの返事が無い場合はお手数ですがお電話等でご一報下さい。 ※出張、休暇等により担当者不在で24時間以内にお返事をお返しできないことが予め判明している場合は、スミ利文具店ホームページのトップページ「今月のお知らせ」欄等にてご案内いたします。

特定商取引法に基づく表示


スミ利文具店

Sorry, we do not accept the order from outside of Japan. We do not deliver our items abroad.