スミ利ロゴ



www.sumi-ri.com

TOPニュース店舗情報商品案内キャンペーンコラムリンク

特定商取引法に基づく表示


顔料インクファン待望!万年筆用の顔料系青インクです!
本格ブルー文字用 超微粒子

プラチナ 顔料ブルー

・ボトル : INKG−1500 #60(顔料ブルー)
1本 60ml入り 定価¥1,500(+消費税)


入荷しました!
スミ利に在庫がございます。

(スミ利文具店)


プラチナ顔料ブルーインク新発売!  プラチナ顔料ブルーインク新発売!

プラチナ 顔料ブルーの筆跡 ライフの原稿用紙C173A  プラチナ 顔料ブルーの筆跡 コピー用紙
左はライフの原稿用紙C173A、右はコピー用紙(輸入紙・高白色)にそれぞれ書いたところです。
デジカメ撮影&PCモニターでは色の再現が難しいですが・・・ご参考までに。

筆跡に耐水性があり、滲みや裏抜けも少ない顔料インク。数少ない万年筆用としてはセーラーの極黒など、黒インクしかラインアップが無く、不満を持たれていた青インクユーザーも多いのではないでしょうか? 耐水性のある顔料系インクで黒以外のカラーが望まれていました。

そんな中、プラチナ萬年筆さんから、顔料インクファン待望の青色インクが遂に発売されました! 元々あったプラチナ・カーボンインク(ブラック)のブルー版の様な商品で、通常の万年筆インク(染料系)とは異なり、色材として染料(水に溶ける色材)では無く、顔料(水に溶けない色材)を配合しているインクです。 顔料系インクは、一度乾いた筆跡が水に流れない性質が有り、紙面でのインクの滲みや裏抜けも比較的少ないのが特徴と言われています。 また、愛好家の間では、染料系とは一味違う良好なインクフロー、書き心地も高く評価する方がおられます。 プラチナの顔料ブルーは超微粒子なので、筆記がスムーズで、耐水性、耐光性に優れ、その筆跡も鮮明です。勿論、筆跡の保存性も高いので、長期間保管したい書類の作成にも効果的です。 

スミ利では入荷直後にたまたま(本当に偶然・笑)店頭にご来店いただいたお客様にお願いして、手持ちの紙に試筆させていただきました!今回、入荷が少なかったので試筆して色を確認できるのはいつになるかと心配していたので正にグッドタイミング!有難うございました(笑)。 色の具合としては、セーラーのブルーよりも青っぽくて鮮やかな印象(セーラーさんのブルーは落ち着きのある、ブルーブラック的な青ですよね)。 ただし、青インクとしては落ち着きのある良い色で常用インクとして十分に使えそうです!顔料インクの特徴かも知れませんが、少しクリーム系の紙に書いても青が紙の色に負けずに安定した発色を得られている気がします。 ただ、色の見え方、感じ方は人それぞれ異なりますし、私のボキャブラリーは往々にして不足しているので・・・(汗)、あくまで参考程度にお考え下さい(笑)お手柔らかに・・・。 そして、筆跡の耐水性についても実験!乾いた筆跡を水道でジャージャー流してみました。耐水性については概ね良好。インクが沢山のった部分は水をかけた最初だけパット、余分なインクが流れますが筆跡そのものが水に流れることはありませんでした!雨濡れの心配がある封筒や葉書の宛名書きにも安心ですね!

ただし、ここからは若干注意点も・・・。プラチナの顔料ブルーインクは高品質な超微粒子顔料を採用しており、顔料インクながら万年筆での使用を可能にしていますが、そもそも顔料インクは、色材として水に溶けない顔料を用いている為、インクの水分が失われ、粘性が増した状態では顔料の粒子が万年筆のペン芯の細かい溝に体積し、目詰まりを起こす危険性がございます。 一度ペン先でドライアップ(乾燥)させてしまうと、ペン芯や万年筆内部に固着した顔料は普通の水では溶け出さない為、万年筆を故障させてしまうことに繋がります。その為、従来から万年筆のインクは染料系が主流となっているのです。

こうした顔料インクのメリット・デメリットを熟知した万年筆愛好家、マニアの方々がお使いになるぶんには特に問題は少ないのですが、万年筆ユーザーの中には年に1回、年賀状のシーズンだけ引き出しからペンを引っ張り出してくる、と言う方々も多い為、メーカーでは無用なトラブルを避ける意図もあり、長らく万年筆用の顔料インクと言う物は作ってきませんでした。元々有った顔料系のインク類は、万年筆用では無く、つけペン用や製図ペン用として販売されていました。 ところが、昨今は万年筆が一般的な筆記具では無くなった反面、再びその良さが見直されつつあり、改めて万年筆に興味を示し、こだわりを持って愛用する方々が増えてきました。 今、改めて万年筆を使おうとされる方々は、すでに色々と勉強されている方々も多い為、昔ほど顔料インクの使用についてメーカーや販売店が危惧する必要が薄らいでいるのも事実です。逆に顔料インクのメリットに対する要求が増えており、そのことが高品質な万年筆用顔料インクの開発と発売に繋がっているのかも知れません。大ヒットとなったセーラーの極黒インクはその先駆けと言えそうです。

このプラチナ顔料系青インクにつきましても、万年筆用とは言え、あくまで本格的な耐水性能を持った顔料インクですので、当然ながら日頃のお手入れが重要になってきます。 インクを入れた万年筆を長期間放置してペン先をドライアップ(乾燥)させた場合などは、洗浄しても元に戻らない可能性もございます。 使用頻度が少ないペンに入れて使う場合や、日常的に万年筆を使わない方には、特に注意が必要です。 しばらく使う予定が無い場合はインクが流動性を保っている内に完全にインクを抜き取り、十分水洗いを行ってから保管して下さい。 すでにプラチナカーボンインクやセーラー極黒インクなどをご愛用いただいている方々には特に心配は無いかと思いますが、顔料系インクはそのメリットと同時に、メンテナンスを怠ったり、不適切な使用方法をとった場合、万年筆を故障させる危険性を常に持っております。また、その特質上、洗浄しても完全には色が抜け切らない場合や、他の色のインクを入れた場合に混色してしまう可能性、部品に着色汚れが残る可能性もございます。 スミ利としても、この素晴らしい顔料インクを多くの皆様にお楽しみいただきたいと考えておりますが、実際の使用につきましては、あくまでお客様の自己責任においてお使いいただくことになりますので、その点をご理解いただきたいと思います。


プラチナ顔料ブルーインクをお使いの際の注意点とメンテナンス方法
@万年筆のキャップはいつもよりもマメに閉めるようにしましょう!顔料インクは水分が蒸発すると固まりますので、書かない時はすぐに万年筆のキャップを閉める様に心がけてください。

A少しでもインクの出具合が悪かったり、インクの流動性が落ち、書き味が悪化したと感じた場合は、すぐにペン先を水に浸けて柔らかい布などで拭いて、少しインクを吸いだしてください。これはタチカワ新ペン先シリーズ等、イラストや漫画を描く方が、顔料インク搭載の万年筆型筆記具のメンテナンスとして行うものと同じ理屈です。顔料インクは水分を失い、流動性が低下した時が一番危険ということです。

B一ヶ月に一度程度は、インクを抜いてペン先をぬるま湯に入れて1日〜2日程度浸してください。その後、水道の水でインクの色が出なくなるまで十分にすすぎ、柔らかい布などで包んで水気を取り除いてください。こうすることで安定した性能を得られます。 また、プラチナから専用の洗浄液をセットしたクリーニングセット(¥1,200+消費税)が発売されましたので、しばらく使う予定が無い場合や、年に数回しっかり洗浄したい場合はそちらをお使いいただくと効果的です。

その他のメンテナンス方法は、通常の万年筆インク使用時と同様です。

プラチナ 顔料ブルーの筆跡見本

プラチナ顔料ブルーの筆跡見本ライフC173Aにて  プラチナ顔料ブルーの筆跡見本 コピー用紙(輸入紙・高白色)
左はライフの原稿用紙C173A(薄いクリーム系の紙)に書いたところ。
右はコピー用紙(輸入紙・高白色)に書いたところです。
※筆跡はあくまで見本であり、PC画面上の色と実際の色は異なりますのでご了承下さい。

プラチナの各種万年筆&インク吸入コンバーターもスミ利で取扱い中!
ここにご紹介した以外のプラチナ製品も各種取扱い可能です!!
写真 商品名 価格
プラチナ顔料ブルーカートリッジインク  プラチナ
顔料ブルー
カートリッジインク 
1箱10本入り

¥500
(+消費税) 
顔料ブルーのカートリッジ版!
お手軽に顔料インクをお使い
いただけます。 
プラチナ万年筆インククリーナーセット プラチナ
万年筆インク
クリーナーセット

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1箱(5回分)

¥1,200
(+消費税)
お手入れの難しい顔料インク
も安心してお使いいたける
万年筆用のインククリーナー
です。洗浄液5パックと、
プラチナ万年筆用のスポイト
がセットになっています。
#3776センチュリー ブラックインブラック プラチナ
#3776センチュリー
万年筆
詳しくはこちら
ご覧下さい。
1本
¥10,000
(+消費税)
顔料インクの使用にも最適!
プラチナの新スタンダード
万年筆です。
#3776ブルゴーニュ スミ利 プラチナ
#3776センチュリー
ブルゴーニュ万年筆
詳しくはこちら
ご覧下さい。
1本
¥10,000
(+消費税)
顔料インクの使用に最適!
大人気センチュリー万年筆の
透明レッドモデルです。
プラチナ インクコンバーター コンバーター500 プラチナ
インク吸入コンバーター
コンバーター-500
1個

¥500
(+消費税) 
回転式コンバーター
プラチナの万年筆に取り
付けて使用します。

旧ポケットタイプの万年筆
には取り付けできません。
プラチナ カーボンブラックインク プラチナ
顔料ブラックインク

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
超微粒子の顔料を採用
した筆跡に耐水性のある
ブラックインクです。
マニアが唸る人気インク!

※顔料インクの取扱いは
十分ご注意下さい。
プラチナ顔料ブランセピアインク プラチナ
顔料ブランセピア

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
カーボンインクの姉妹品で、
顔料ブランセピアインク
です。レトロな色合いながら
顔料インクなので耐水性、
耐光性に優れます。
プラチナ顔料ローズレッドインク プラチナ
顔料ブランセピア

詳しくはこちら
ご覧下さい
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
カーボンインクの姉妹品で、
顔料ローズレッドインク
です。 レッド系インクながら
顔料インクなので耐水性、
耐光性に優れます。


プラチナ 超微粒子顔料インク 顔料ブルー  60mlボトル入り 定価¥1,500(+消費税))

プラチナ顔料ブルーインクの通販について

スミ利文具店では、プラチナ顔料ブルーインクを、定形外郵便等で1本からでも地方発送しており、大変ご好評いただいております(プラチナの各種万年筆やコンバーターなど、当店取扱いの他商品もあわせてお見積り、通販OKです)。 お支払方法は、郵便振替(ゆうちょ銀行)または銀行振込(滋賀銀行)による先払いか、郵便局の代金引換(代引きの場合は定形外郵便かゆうパックでの発送になります)とさせていただいております。送料はご注文の数量等によっても変動しますので、詳しくは、ご注文予定の商品名、数量と、お名前、ご住所(都道府県名)と、お電話番号をご明記の上、メールにてお問い合わせいただけましたら、折り返し商品代(販売価格)や送料を計算してメールにてお知らせいたします。その上でご検討いただければと思います。 尚、こちらの商品はメーカーの生産数量が少ない為、タイミングによっては売り切れとなり、取り寄せに少々お時間を要する場合がございますので何卒ご了承下さい。

通販のお問い合わせ
在庫状況、販売価格等、通信販売のお問合せはこちらまで!
※必ず、ご希望の商品名と個数、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記下さい。
ご記入の無い場合は、お見積りできませんのでご容赦下さい。

ご質問等が有る場合もこちらからメールお願いいたします。

※携帯メール、フリーメール(無料メール)をご利用の場合、お客様の設定等により当店からお送りしたメールが受信されない場合がございますので、当店のメールドメイン @sumi-ri.com を受信可能な状態に設定をお願いいたします。 また、メールをお送りいただいて24時間以上経過しても当店からの返事が無い場合はお手数ですがお電話等でご一報下さい。 ※出張、休暇等により担当者不在で24時間以内にお返事をお返しできない日がある場合は、スミ利文具店ホームページのトップページ「今月のお知らせ」欄等にてご案内いたします。

特定商取引法に基づく表示


スミ利文具店


Sorry, we do not accept the order from outside of Japan. We do not deliver our items abroad.