スミ利ロゴ



www.sumi-ri.com

TOPニュース店舗情報商品案内キャンペーンコラムリンク

特定商取引法に基づく表示



プラチナ萬年筆

プラチナ#3776純金「肥後象嵌」万年筆

絵柄:桜(サクラ)・公孫樹(イチョウ)
ペン先:細字、中字、太字
定価¥30,000(+消費税)/本

只今、メーカーにて生産が追い付かない状況です。
ご注文の場合、数ヵ月お待ちいただく必要がございます。


純金肥後象嵌&樹脂ヘアライン仕上げ! これはお買い得な万年筆です!
プラチナ#3776肥後象嵌万年筆  プラチナ 肥後象嵌万年筆

一足先に、複合筆記具が発売となり大変ご好評を得ているプラチナの肥後象嵌(ひごぞうがん)を施した高級筆記具シリーズに、遂に噂の万年筆タイプが登場しました! 万年筆タイプはプラチナ萬年筆が「美しい日本文字を書く為の万年筆」として開発した同社の看板モデル「PLATINUM #3776」をベースとしており、大型の14金ペン先は細字、中字、太字の3種類の字幅から選択することが可能です。ボディーの素材は、複合ペンが金属軸を採用していたのに対し、万年筆はABS樹脂製となりますが、ナント!本体軸部分にヘアーライン加工を施ししっとりとした重厚感を持たせているユニークな万年筆となります!スタンダードな光沢のあるブラックボディーとは一味違う演出が伝統工芸「肥後象嵌」との相性もよく、お薦めの1本です。 肥後象嵌は江戸期には刀の鍔(つば)など、刀装金具類に武士が好んで装飾させたことで知られ、このプラチナ#3776肥後象嵌万年筆もどこか武具に通じる存在感を放っています。樹脂ボディーに珍しいヘアライン仕上げによるマット(つや消し)加工を施したとても精悍な万年筆です。 象嵌分は熟練の職人技による手作りですので、供給が不安定な為、図柄やペン種の組み合わせによってはお届けにお時間を要したり、ご注文をお受けできない場合がございます。先ずは在庫状況等、お気軽にお問い合わせ下さい。 

プラチナ 肥後象嵌万年筆の樹脂ヘアライン仕上げ  プラチナ肥後象嵌万年筆のヘアライン仕上げ!
これが、樹脂ヘアライン仕上げ。細かいたて筋(キズ)加工によりシックなつや消しに仕上げています!

「ヘアライン仕上げ」というのは、一定方向に髪の毛の先ほどのキズ加工を施して仕上げるつや消し加工の一種です。ステンレス軸やアルミ軸にはお馴染みの加工方法ですが、樹脂ボディーでは珍しい存在です(実物のイメージは少し異なりますが、樹脂ヘアライン仕上げはラミー2000などが有名ですね)。 さらっとした手触りは、手にとっていただければきっと満足していただけると思います!ヘアライン仕上げのボディーは多少擦り傷などをひろいやすい弱点もありますが、使い込むほどに味が出てお薦めです! (注)この商品の場合は、メーカーから入荷時にすでに有る程度の擦り傷などがございます。これは製造時、輸送時に生じるヘアライン加工特有の不可抗力によるもので、不良品ではございません。何卒後容赦下さいませ。


プラチナ肥後象嵌万年筆のペン先 ソフトタッチの14金大型ペン先採用!  プラチナ14金大型ペン先
勿論、万年筆としても本格的な性能を持っています! 大型の14金ペン先はソフトタッチ!
ペン先の字幅表記(刻印)や、ペン芯は出荷時期により異なる場合がございます。
※写真のペン芯は旧仕様のものです。現在は、新仕様に変更されております。

#3776肥後象嵌万年筆は、万年筆としての基本性能もしっかりしています! そもそも、プラチナの#3776シリーズは美しい日本文字の為に長年研究を重ねて作り出したもので、プロの作家をはじめ、多くのヘビーライターも愛用している同社の代表的なブランドです。 この肥後象嵌万年筆には大型の14金ペン先が採用されており、ハート穴もこだわりのハート型(笑)。#3776とは日本の最高峰である富士山の標高に因んだ数字。その為、ペン先のデザインも富士山をモチーフとしています。 それからプラチナ・ファンにはすでにお馴染みですが、ペン先の字幅(ペン種)表記(刻印)が他社の様に「F」「M」「B」などでは無く、漢字で「細」「中」「太」であることもプラチナ萬年筆の特徴!色んな意味で他とは違うんです(笑)。

プラチナの万年筆は、昔から「プラチナ萬年筆=ハード調のペン先」というイメージを持たれる方が多かったのですが、実際には昨今の万年筆メーカー各社が揃ってハード調のペン先に移行しており、従来よりも筆圧に強く、ペン先のくい違い等が起こりにくい強力なバネを持たせる様になった為、今では必ずしもプラチナだけに当てはまるイメージではありません。 この商品に搭載されている大型ペン先も現代的にアレンジされたニブですが、14金製ながらガチガチの硬さでは無く(優しいバネ)、昨今のペン先の中では比較的ソフトタッチのペン先です。勿論、現代的なセンス(節度)を持っていますので、「軟調」では有りませんが、他社の14金ペン先と比較すると適当にしなりがあり、よく動くペン先の部類の属すると思います(最近のニブはガチガチのものも多いですからね・汗)。  最近の万年筆はどれもペン先が硬すぎる!と言われることが増えてきました。強い筆圧や万年筆に不慣れな方にも対応するあまり、逆に万年筆の魅力の一つでもあった「使い込む感触」が薄らいできたのも事実です。しかし、この#3776肥後象嵌万年筆は、万年筆に不慣れな方でも安心して「万年筆を使い込んで育てる」ことができる存在だと思います。


赤サビから生み出される地鉄の黒と純金(24金)の象嵌(イチョウ・サクラ)

プラチナ肥後象嵌万年筆の象嵌リング イチョウ  プラチナ肥後象嵌万年筆サクラ
写真左:イチョウ    写真右:サクラ

プラチナ #3776肥後象嵌万年筆新発売!  プラチナ#3776肥後象嵌万年筆が新発売!
やはり、肥後象嵌のワンポイントが効いています! さり気ない装飾がお洒落です!!
鉄リングに細かい加工の純金を埋め込む肥後象嵌の職人技!写真は公孫樹(イチョウ)のものです。
熊本県の肥後象嵌師「光助(みつすけ)」さん作の素晴らしい逸品!これだけでも価値アリ!?

そして、勿論この万年筆最大の特徴である純金肥後象嵌のキャップ・リング! 伝統工芸「肥後象嵌」につて詳しくは先に発売された複合筆記具タイプのページをご覧いただきたいのですが、赤サビから生まれる独特の黒に純金を丁寧に埋め込んで仕上げる象嵌のコンビネーションが見事です。 キャップの嵌合方式も、ネジ式では無く、あえて落とし込み嵌合を採用(パチン!とはめ込むタイプです)。これにより、首軸(プラチナさんではカバーと呼びます)周辺のデザインがスマートで、ペンを握った時の感触も自然です。実はこれにもファンが多いんですよね! 

そしてこの万年筆、日本の一流伝統工芸を用いた製品でありながら定価¥31,500というお手頃価格に抑えている点が注目です!プラチナの誇る#3776万年筆に純金肥後象嵌がついてこのお値段は非常にリーズナブル!デザインも落ち着いた印象ながら象嵌のチラッと光るお洒落な意匠が個性的で本当にお薦めです!珍しいABS樹脂ボディーにヘアーライン仕上げという点も含め、正直「プラチナ、やってくれたな!」という印象です(笑)。 良くも悪くも「手作り感」と言うか「昔ながら感」が残る(笑)プラチナの万年筆ですが、このところ次第に評価が高まってきた気がしています。今も、美しい日本文字にこだわったペン先は、改めて使うとどこか懐かしさ!?を感じてしまいます(笑)。 個人的には、これに別売りのインク吸入コンバーターを取り付けて吸入式として用いるのがお薦め!プラチナの#3776万年筆はボディーが軽い作りですので、少々重量感が増し!?いい感じです。

今、国産万年筆メーカーさんの中でペン先の組み立て時に、ペン芯とニブを湯煎して密着させるという一手間をかけているところは恐らくプラチナさんのみではないでしょうか? まあ、他社さんでは技術革新!?によりその必要性が無くなったのかも知れませんが(笑)、プラチナが今でも職人の一手間かけて製品を供給しているのは感心ですね(ただ、時代の流れか?コストの問題やらなにやらプラチナさんも色々大変なのには変わりなく、今後もこの儲からない仕事を諦めずに続けていただきたいと願うばかりです・笑)。

今までプラチナの万年筆を使ったことが無かった方の「プラチナ事始(笑)」に是非この#3776肥後象嵌をお薦めいたします。また、ギフトボックスが付属いたしますのでご自身でお使いいただくのは勿論、贈り物にも最適です。 尚、万年筆、象嵌ともに職人による手作業で製作されますので、柄の種類やペン種の組み合わせ、数量によって納期にお時間を要する場合もございます。場合によりましてはお届けまで少々お待ちいただく場面もあるかとはございますが、是非スミ利でご注文いただきますようお願いいたします。お見積り等はお気軽にご相談下さい。
※象嵌部分は伝統工芸による手造り品の為、個体差がございます。象嵌部分のお好みによる返品や交換はお受けできませんので予めご了承下さい。


キャップの装飾リングには熟練の名工、光助(みつすけ)・作の本物の肥後象嵌が採用されています。
肥後象嵌に関する詳しい情報は、プラチナ複合筆記具「肥後象嵌」のページをご覧下さい!

プラチナ #3776肥後象嵌万年筆とご一緒にいかがですか?

#3776肥後象嵌万年筆の別売りオプション一覧
写真 商品名 価格
プラチナ万年筆インククリーナーセット プラチナ
万年筆インク
クリーナーセット

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1箱(5回分)

¥1,200
(+消費税)
万年筆の頑固な汚れを
落とす
のに便利なクリーナーセット。
洗浄液5回分とスポイトが
セットになっており、インクの
色を変更する際もこれを使うと
綺麗に洗えます。
プラチナカートリッジインク プラチナ
インクカートリッジ
(写真はブラックの箱です)
1箱10本入
¥400
(+消費税)
黒、ブルーブラック、赤の
3種類ございます。
プラチナ
ボトルインク(新)
(写真はブラックの箱です)
1本 60ml入
¥1,200
(+消費税)
黒、ブルーブラック、赤の
3種類ございます。
吸入しやすいリザーバーが
搭載されています。
プラチナ萬年筆 顔料ブルーインク プラチナ
顔料ブルーインク

詳しくはこちら
ご参照下さい!
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
超微粒子の顔料を採用
した筆跡に耐水性のある
ブルーインクです。

※顔料インクの取扱いは
十分ご注意下さい。
プラチナ カーボンブラックインク プラチナ
顔料ブラックインク

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
超微粒子の顔料を採用
した筆跡に耐水性のある
ブラックインクです。

※顔料インクの取扱いは
十分ご注意下さい。
プラチナ インクコンバーター コンバーター500 プラチナ
インク吸入コンバーター
コンバーター-500
1個
¥500
(+消費税)
回転式コンバーター
#3776肥後象嵌万年筆
に取り付けることでボトル
インクの使用が可能です。

旧ポケットタイプの万年筆
には取り付けできません。
※顔料インク使用時は、使用頻度により性能の低下や故障を招く恐れがございます。
日常的なメンテナンスを心がけて下さい。

プラチナ #3776肥後象嵌万年筆の仕様
・定価(1本):¥30,000(+消費税)
・品番:PTB−30000Z−絵柄ーペン種
・デザイン(絵柄):サクラ、イチョウの2種類
・ペン種:細字・中字・太字の3種類
・ペン先:14金・大型
・素材:ボディはABS樹脂製、カバーはAS樹脂製、リング部分は鉄リングに24金肥後象嵌
・キャップ嵌合方式:落とし込み嵌合式
・インク供給:カートリッジ式(別売りのコンバーター使用可能)
・寸法:全長145mm×最大径14.8mm
・重量:19.2g
・付属品:取扱い説明書類、ギフトボックス

スミ利HP掲載開始年月日:09年3月6日

プラチナ#3776肥後象嵌万年筆の通販について

スミ利文具店では、プラチナ社製の#3776肥後象嵌万年筆の通販にも対応しております。 お支払方法は、郵便振替または銀行振込による先払いか、郵便局の代金引換とさせていただいております。 販売価格等、詳しくは、ご注文予定の絵柄の種類(サクラ、イチョウ)と、ペン先の字幅の種類(細字、中字、太字)お名前、ご住所(都道府県名)、お電話番号をお知らせいただければ、折り返し商品代(販売価格)や送料を計算してメールにてお知らせいたします。 品薄商品の為、メーカー欠品が多発する商品です。在庫状況等はお気軽にお問い合わせ下さい。

特定商取引法に基づく表示


通販のお問い合わせ

在庫状況、販売価格等、通信販売のお問合せはこちらまで!
※必ず、ご希望の商品名と個数、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記下さい。
ご質問等が有る場合もこちらからメールお願いいたします。

スミ利文具店

Sorry, we do not accept the order from outside of Japan. We do not deliver our items abroad.