スミ利ロゴ



www.sumi-ri.com

TOPニュース店舗情報商品案内キャンペーンコラムリンク 
特定商取引法に基づく表示



プラチナ萬年筆

#3776ニース万年筆ピュール

(ピュール:ロジウム装飾タイプ)

※このページでご紹介しているのは、レギュラー生産モデル(シリアルナンバー無し)です。


ペン先:14金大型ロジウム仕上げ
ボディカラー:ピュール(無色透明・サンドブラスト、シェーパーカット仕上げ)
スリップシール機構搭載
定価¥22,000(税込)/本

※申し訳、ございません。只今、売り切れ中です。
(2021年7月更新)


フランスのニースをモチーフとしたモデルの第2弾! ロジウムの輝きが美しいモデルです!
プラチナ#3776ニース・ピュール万年筆 スミ利

サンドブラスト加工による半透明のボディにシェーパーカット(溝加工)が個性的!
#3776ニース・ピュール万年筆 スミ利文具店  プラチナ2014年#3776ニース万年筆 スミ利

ピンクゴールドの装飾が美しい#3776ニース・ロゼに続き、第2弾として、待望のロジウム仕上げモデル、#3776ニース・ピュールが新発売となりました! ペン先、クリップ等に銀色に輝くロジウム装飾を施しており、擦りガラスの様なボディはスケルトンながら高級感と落ち着きがあり、男性、女性問わず人気が出そうなお洒落な万年筆です! 勿論、キャップにはインクの蒸発を防止する、同社自慢のスリップシール機構が搭載されており、万年筆初心者にも安心してお使いいただけます。

#3776ニースの特徴は?
プラチナ#3776ニース・ピュール万年筆  プラチナ#3776ニース・ピュール万年筆 スミ利
サンドブラストにより、曇りガラスの様な落ち着いた質感に仕上がっています。
#3776ニースのシェーパーカット  サンドブラストが美しい天冠 スミ利
更に!シェーパーカットにより縦に溝が施されており、個性的な外観を演出!

さて、#3776ニースの特徴を改めてご紹介しましょう!
ボディをご覧いただくと、単にスケルトンというだけでなく、装飾性とデザイン性を高める工夫が施されているのがお分りいただけるかと思います。 透明度の高い樹脂ボディに、あえてサンドブラスト加工を施しており、曇りガラスの様な乳白色で、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。 樹脂軸に微細な砂(サンド)を吹き付けることで表面に凹凸を作り、風合い豊かな艶消しに仕上げるのがサンドブラストです。 このお陰で樹脂軸ながらガラスの様な高級感も備わっていますね! 

更に、ボディをよくご覧いただくと、縦に溝が施されているのがお分りでしょうか? これはシェーパーカットと呼ばれるもので、三角刀で彫るイメージで縦に溝が施されており、光の当たる角度によって輝きが変わり、#3776ニース万年筆に独特の個性を与えています。これは立体的な溝になっているので、ペンを手に持った時に独特のフィット感を味わえます。  サンドブラストとシェーパーカットによって、無色透明のスケルトンボディながら、高級感や上質感が備わっています。キャップ内部のペン先やボディ内部のカートリッジ、コンバーターの見え方も面白くて、#3776ニースならではの魅力ですね!

#3776ニース万年筆 スミ利文具店  #3776ニース万年筆ピュールの写真 スミ利文具店

#3776ニース・ピュールのボディ  #3776ニース・ピュールのキャップ スミ利

さて、#3776ニース・ピュールのもう一つ特徴的が、金属パーツに施されたロジウム・フィニッシュです。 前作のニース・ロゼでは、優しい金色の輝きが魅力の「ピンクゴールド仕上げ」でしたが、ピュールでは精悍な銀色の輝きが魅力の「ロジウム仕上げ」を採用。 ロジウムは白金族元素の一つで、美しい銀色の輝きを持つ貴金属です。レアメタルの一つとして大変貴重な存在でもあります。 ロジウム仕上げは、「プラチナ仕上げ」とも呼ばれることもあり、精悍な輝きと傷への強さなどから、金属の装飾に人気があります。 ただ、大変高価な金属なので、商品によっては、ペン先だけをロジウム仕上げにして、クリップやリング等はクロムメッキで代用している製品も多いのです。 その点、ニース・ピュールはペン先は勿論のこと、クリップ、リングもロジウム仕上げとしており、正真正銘の「高級モデル」と呼べる存在です。※内部部品等、一部の金属パーツはロジウム仕上げではありませんのでご了承くださいませ。
因みに、ペン先はプラチナ伝統の14金ペン先となっており、その上にロジウムを施しています。

高性能キャップ!
#3776ニースのスリップシール機構 スミ利  #3776ニース・ピュール万年筆の写真 スミ利

サンドブラストが美しい天冠 スミ利  #3776ニース・ピュールのペン先 ロジウム仕上げ スミ利
プラチナ自慢のスリップシール機構を搭載!

#3776ニース万年筆には、プラチナ自慢のインク蒸発抑制機構である、「スリップシール機構」がバッチリ搭載されています! そもそも、スケルトン・ボディにしてあるのも、このスリップシール機構が見える様にする為なんです(笑)。 スリップシール機構について、詳しくは#3776センチュリー万年筆のページ等をご覧いただければと思うのですが、内臓されたコイルバネの働きにより、キャップを閉じた際にインナーキャップの密着力を高め、インクの無駄な蒸発を防いでくれるのです。 万年筆と言うと、日頃のメンテナンスを怠るとインクのドライアップの危険があり、初心者には扱いの難しいイメージがありますが、このスリップシール機構により、従来よりも長期間に渡ってインキの状態を良好に保つことができ、メンテナンスの頻度を大幅に減らしてくれます。この技術は、各種メディアでも大きく取り上げられ、センチュリーシリーズを大ヒットに導いた要因です。 メーカーさんのデータによると、しっかりキャップを閉じた状態であれば、約2年間インクの品質を維持できるそうです。 ただし、これはあくまで一定の環境で実験結果ですので、実際のご利用に当たっては定期的な水洗い等のメンテナンスを実施して下さいね!万年筆は使う人がちゃんと可愛がってやらないと駄目な筆記具なんです。

#3776ニース・ピュールの付属品
プラチナ クロムメッキのコンバーター スミ利  #3776ニース万年筆の付属品
ブルーブラックのカートリッジが1本、銀色コンバーターが1個付属します。
#3776ニース・ピュール万年筆 スミ利
付属のコンバーターを装着した写真。

#3776ニースには、ブルーブラック(濃紺)インクが1本と、クロームメッキのインク吸入コンバーターが添付されています。 プラチナさんのサービス用インクは、ブラック(黒)が標準でしたが、定価3,000円(税別)以上の万年筆には、2014年より順次、ブルーブラックを標準とする様に変更になりました。 プラチナさんのブルーブラックは、昨今では珍しい存在になりつつある伝統的な本物のブルーブラック、いわゆる古典インクと呼ばれるもので、筆跡は耐水性に優れ、保存文書にも最適です。 万年筆らしい濃紺色のこのインクは、同社を象徴するアイテムの一つとなっていることから、今後もっと積極的にアピールしていこう!ということで今回決定されたそうです。  ※プラチナのブルーブラックは酸性のインクで、酸化作用により筆跡の色が当初の濃紺から徐々に黒っぽく変化します。 昨今の他社製ブルーブラックインクは、色のみをブルーブラックの濃紺に似せたものが大半ですが、プラチナさんでは頑なに伝統的なブルーブラックを作り続けています。適切なメンテナンスと共に是非ご愛用いただければと思います。

#3776ニースは、スリップシール機構が搭載されていることもあり、正しくキャップを閉じた状態であれば、約2年間もインクの状態を良好に保つことが可能と言われております。勿論、これは一定条件下でのメーカー実験によるものですので、実際の使用に当たっては、必要なメンテナンスを実施していただきたいのですが、筆跡に耐水性があるブルーブラックインクや、顔料系インク等、従来は扱いが難しいとされていたインクも比較的安心して使える様になりました。 万年筆に不慣れな方や、使用頻度の低い方でも、気軽に万年筆を楽しめる様になったのは嬉しいですね! 


プラチナ #3776ニース(NICE)とご一緒にいかがですか?

#3776ニース万年筆の別売りオプション一覧
写真 商品名 価格
プラチナ万年筆インククリーナーセット プラチナ
万年筆インク
クリーナーセット

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1箱(5回分)

¥1,320
(税込)
万年筆の頑固な汚れを落とす
のに便利なクリーナーセット。
洗浄液5回分とスポイトが
セットになっており、インクの
色を変更する際もこれを使うと
綺麗に洗えます。
プラチナカートリッジインク プラチナ
インクカートリッジ
(写真はブラックの箱です)
1箱10本入
¥440
(税込)
先ずはカートリッジが基本!

ブラック、ブルーブラック、
レッドの3色ございます。
プラチナ ボトルインクINK−1200 プラチナ
ボトルインク(新)
(写真はブラックです)
1本 60ml入
¥1,320
(税込)
カートリッジと同じ成分の
プラチナ万年筆用インクです。
ブラック、ブルーブラック、
レッドの3色ございます。
従来品から容量がアップし、
吸入しやすいリザーバーが
搭載されました。
プラチナ クラシックインク(古典インク) スミ利文具店 プラチナ
クラシックインク各色
¥2,200
(税込)
筆記後、酸化作用による色変わりが楽しめる
古典インク。全6色からお選びいただけます。
スリップシール機構搭載万年筆に最適な
カラーインクと言えます。
プラチナ萬年筆 顔料ブルーインク プラチナ
顔料ブルーインク

詳しくはこちら
ご参照下さい!
1本60ml入
¥1,650
(税込)
超微粒子の顔料を採用
した筆跡に耐水性のある
ブルーインクです。大人気!

※顔料インクの取扱いは
十分ご注意下さい。
プラチナ カーボンブラックインク プラチナ
顔料ブラックインク

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1本60ml入
¥1,650
(税込)
超微粒子の顔料を採用
した筆跡に耐水性のある
ブラックインクです。
マニアが唸る人気インク!

※顔料インクの取扱いは
十分ご注意下さい。
プラチナ顔料ブランセピアインク プラチナ
顔料ブランセピア

詳しくはこちら
ご覧下さい!
1本60ml入
¥1,500
(+消費税)
カーボンインクの姉妹品で、
顔料ブランセピアインク
です。レトロな色合いながら
顔料インクなので耐水性、
耐光性に優れます。
プラチナ顔料ローズレッドインク プラチナ
顔料ローズレッド

詳しくはこちら
ご覧下さい
1本60ml入
¥1,650
(税込)
カーボンインクの姉妹品で、
顔料ローズレッドインク
です。 レッド系インクながら
顔料インクなので耐水性、
耐光性に優れます。
プラチナ インクコンバーター コンバーター500 プラチナ
インク吸入コンバーター
コンバーター800A
金色
1個
¥880
(税込)
回転式コンバーター
#3776万年筆に取り付ける
ことでボトルインクの使用が
可能です。
※金色メッキタイプです
※写真は旧パッケージです。
 準備中 プラチナ
インク吸入コンバーター
コンバーター700A
銀色 
1個
¥770
(税込) 
回転式コンバーター
#3776万年筆に取り付ける
ことでボトルインクの使用が
可能です。
※銀色のクロムメッキタイプ 

プラチナ #3776ニース(ピュール・PUR)の仕様
・定価(1本):¥22,000(税込)
・品番:PNB−20000R#4(ピュール)−ペン種番号
・ペン種:F、M、B
・ペン先:14金・大型 ロジウム仕上げ
・素材:AS樹脂製
・キャップ方式:ねじ込み嵌合式・スリップシール機構搭載
・インク供給:カートリッジ・コンバーター両用(コンバーター付属
・寸法:全長139.5mm×最大径15.4mm
・重量:19.7g(乾燥重量です)
・付属品:ブルーブラックカートリッジ1本、コンバーター(※銀色クロムメッキ)、取扱い説明書類、専用ボックス
※ボックスは出荷時期により変更される場合や代替品となる場合がございます。


特定商取引法に基づく表示

スミ利HP掲載開始年月日 : 2014年9月


プラチナ#3776ニース(NICE)ピュールの通販について

スミ利文具店では、プラチナ社製の#3776ニース(NICE)ピュール万年筆の通販にも対応しております。 お支払方法は、郵便振替または銀行振込による先払いか、郵便局の代金引換とさせていただいております。販売価格、在庫状況等、詳しくは、ご注文予定の数量と、お名前、ご住所(都道府県名)、お電話番号をお知らせいただければ、折り返し商品代(販売価格)や送料を計算してメールにてお知らせいたしますので、その上でご検討いただければと思います(万年筆本体以外にも、インク類やコンバーター類、その他スミ利取扱い商品もあわせてお見積り可能です)。 在庫状況等、お気軽にご相談下さいませ。

特定商取引法に基づく表示

通販のお問い合わせ

在庫状況、販売価格等、通信販売のお問合せはこちらまでメール下さい!
※必ず、ご希望の商品名と個数、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記下さい。
ご質問等が有る場合もこちらからメールお願いいたします。

ご注意
※携帯メール、フリーメール(無料メール)をご利用の場合、お客様の設定等により当店からお送りしたメールが受信されない場合がございますので、当店のメールドメイン @sumi-ri.com を受信可能な状態に設定をお願いいたします(当店側の不備ではございません)。 また、メールをお送りいただいて24時間以上経過しても当店からの返事が無い場合はお手数ですがお電話等でご一報下さい。 ※出張、休暇等により担当者不在で24時間以内にお返事をお返しできないことが予め判明している場合は、スミ利文具店ホームページのトップページ「今月のお知らせ」欄等にてご案内いたします。


スミ利文具店

Sorry, we do not accept the order from outside of Japan. We do not deliver our items abroad.