スミ利ロゴ



www.sumi-ri.com

TOPニュース店舗情報商品案内キャンペーンコラムリンク

特定商取引法に基づく表示


Made in Germany

ラミー(LAMY)

ラミー2000 4色ボールペン

(LAMY2000)


黒、赤、青、緑の4色ボールペン

定価¥12,000(+消費税)/本 
正規輸入品


ドイツ ラミー社を代表するシリーズの4色ボールペン!
ラミー2000 4色油性ボールペン スミ利文具店

ラミー2000 4色ボールペン スミ利文具店  ラミーの替芯(リフィール) スミ利文具店
スマートなボディに4色ボールペンを搭載!
ラミー2000 4色ボールペンのペン先 スミ利  ラミー2000 4色ボールペンのクリップ付近
個性的なペン先周りと、ステンレス無垢のクリップ

ドイツの筆記具メーカー、LAMY(ラミー)さんの、Lamy2000(ラミー2000)4色ボールペンです。 
ラミーさんは、ドイツの古都ハイデルベルグに本拠を置く、筆記具の老舗メーカー。 その製品はバウハウスの思想を持つ著名なデザイナーとのコラボレーションにより、ドイツ国内の自社工場で生産されています。

ラミー2000シリーズは、「西暦2000年を迎えても色褪せないデザイン」をコンセプトとして、1966年に先ず万年筆(ラミー2000万年筆のページはこちら)が登場した後、ボールペンなどのラインアップが拡張され、現在に至るまで同社を代表するシリーズとして世界的な人気を誇ります。 文具に関心の高いユーザーには非常に有名な筆記具シリーズで、指名買いが多いのも特徴です。

バウハウスの影響を受けたデザイナー、ゲルト・アルフレッド・ミュラーの手によるデザインは、「機能によってかたち作られるデザイン」というバウハウスの思想を体現しており、機能美という言葉がぴったりではないでしょうか。  デザインの優秀さばかりか、設計や加工も非常にユニークです。 樹脂とステンレスという異なる素材を「融合」させており、その一体感は見事と言う他有りません。 繊細なヘアライン加工により木軸の様な風合いと肌触りに仕上げており、長年のファンがいることもうなずけます。

ヘアライン仕上げのボディ
ラミー2000のヘアライン加工  ラミー2000 4色ボールペンのヘアライン加工
黒の樹脂製部分から、先端のステンレス部分まで丁寧に施されたヘアライン仕上げ。
LAMY2000 4色ボールペンのペン先 スミ利  LAMY2000 4色ボールペン
木目の様にきめ細かいヘアライン仕上げはフィット感も良好。

ラミー2000の外観上の特徴となっているのが、ボディのヘアライン仕上げです。 「ヘアライン仕上げ」とは、その名の通り金属や樹脂の表面に髪の毛ほどの細い傷をつける加工のこと。 艶消しのマット感と、木目にも似た風合いがあり、使い込むほど手に馴染んで、表面の表情が変化するのも大きな魅力です。 ラミー2000のボディの黒い部分は樹脂製で、銀色の首軸はステンレス製です。 丁寧なヘアライン仕上げが施されており、木肌に触れるような優しいフィット感があります。
勿論、使っている内に傷を拾ったり、汚れが付くこともありますが、ヘアライン仕上げの筆記具の魅力は、そうした傷も含めて大切に使い込むことで、味のある1本に育つことです。 きっと手放せない1本になると思いますよ! 
※ヘアライン仕上げは、その加工上の痕跡から、新品の段階でも多少の汚れや傷(良品の範囲内)が避けられませんので、ご了承のほどお願いいたします。元々「傷加工」ですのでご了承のほどお願いいたします。

ノック部分にもヘアライン加工が施されています。
  
細部にもこだわったデザインと加工が施されています。
  LAMY2000 4色ボールペン スミ利文具店
手触りの優しい樹脂ボディとは重量バランスも良好で、長年人気のアイテムとなっています!

黒、赤、青、緑の便利な4色ボールペン
ラミー2000 4色ボールペンの筆跡 スミ利  ラミー LM21芯 スミ利
スマートなボディに4色ボールペンの機能を搭載!

ラミー2000 4色ボールペンには、黒、赤、青、緑のリフィール(芯)がセットされています。 少し粘りを感じる油性らしい滑らかさが特徴で、長年の愛用者も多くなっています。 スマートなボディに4色がまとめられており、仕事からプライベートまで大変重宝します。  このリフィールは、日本のJIS規格で「D」タイプと呼ばれるものと互換性があり、通称4C芯などとして普及している規格ですので、お好みに応じてラミー以外のブランドのものに入れ替えて使うことも可能です。 その点も、ラミー2000 4色ボールペンが人気の理由かも知れません。  因みに、ラミーの純正リフィール(LM21芯)は1本¥400+税となります。スミ利では在庫のタイミングによっては取り寄せとなる場合もございますので、ご了承下さいませ。
※他社の共通規格品とも互換性がございますが、純正以外のリフィールでは微妙なサイズの違いによりご利用いただけない場合もございます。完全な互換性を保証するものではございませんので、ご了承のほどお願いいたします。ご不明の場合はご相談下さいませ。 

樹脂ボディの中ほどを回すと軸が外れ、リフィールを交換できます。
ラミー2000 4色ボールペンのリフィール交換  LAMY LM21芯 油性ボールペン スミ利

ラミー2000 4色ボールペンのボディ スミ利  ラミー2000 4色ボールペンのボディ
樹脂ボディの中ほどに接合部分があり、そこを外すことでリフィールを交換します。

リフィールの交換は、黒い樹脂ボディの中ほどがネジで接合されており、そこを取り外して行います。 一般的なボールペンだと、ペン先付近の口金が外れるものが多いので、ラミー2000の場合も、シルバーのステンレス部分から外すのかと思いますが、こんな意外な場所が外れます(笑)。 上の写真をご覧の通り、黒い樹脂ボディ部分は、一見すると継ぎ目が見えないほど精巧なので、知らない人はまさかここが外れるとは思わないですよね(笑)。 


出したい色のインジケーター(ウインドウ)を上に向けてノックします
ラミー2000 4色ボールペンのウインドウ(インジケーター) スミ利  ラミー2000 4色ボールペンのペン先 スミ利
上の写真は、赤いボールペンを出した例です。

クリップ付近のインジケーターを上に向けてノックすることで、任意のペン先を出します。
ブラック(黒)のインジケーター(目印)はクリップ 青いインジケーターを上に 赤いインジケーターを上に 緑のインジケーターを上に
写真左から、黒、青、赤、緑のペン先を出す状態です。

ラミー2000の4色ボールペンのペン先繰り出し機構は、所謂「振り子式」と呼ばれるものが採用されています。 これは、日本の多機能筆記具などでも採用されている方式ですので、ご存知の方も多いと思います。 スミ利でも取り扱いしているセーラー万年筆さんの多機能ペン「インペリアルブラック4」も振り子式を採用しています。  内部の仕組みについては、文字だけでは説明が難しいのですが、要するにボディに施された黒、赤、青、緑のインジケーター(ラミーさんでは「ウィンドウ」と呼んでいますが)を上に向けると、内部に仕込まれた振り子(重り)が重力で移動し、ノックすることで目的のペン先が押しだされて出てくる・・・という構造です。 例えば、赤いインジケーター(ウインドウ)を上に向けてノックすると、赤いボールペンのペン先を出すことができます。 ラミー2000の場合、クリップの付け根付近に、青、赤、緑に色分けされたインジケーターが設けられています。黒のインジケーターは?と思いますが、黒はクリップがインジケーターを兼ねており、クリップを上に向けて操作すると黒のペン先を出すことができます。 

ペン先を戻す時は、日本の多機能筆記具などの場合、多くはボディの上半分を少し回転(ひねる)ことでペン先を収納する「ノック&ツイスト式」と呼ばれる形式ですが、ラミー2000の場合、戻すのもシンプルにノック式です。 ペン先が出た状態からノック操作を行うと、ペン先を収納することができます。この時は、特にペンの向きは関係なく、どの様な持ち方でノックしても収納することができます。

因みに、日本の多機能ペンの振り子式の場合、軽い操作感でノックが行えることが殆どですが、このラミー2000の4色ボールペンの場合、ノック時のバネの力が強めで、しっかりした手応えを感じるものです。 ペン先を出し入れする時は、しっかりと最後まで深くノックするのがコツですね。   慣れてしまえば何ということは無いのですが、ちょっと日本では見かけないタイプの機構を持っています。そこがまた、海外製らしくて面白い部分ではあります。

日本製の振り子式筆記具と同様、全く初めての方の場合、ペンの傾け具合などに少々慣れが必要です。 最初の内は、隣り合った別の色のペン先を出してしまうことも有るかと思います。  ただ、使っている内にどんどん慣れてくるので、いちいちインジケーターなど見なくても、素早く目的のペン先を出して使うことができる様になります。 長年のロングセラーでもあり、デザイン性ばかりか実用性が高く評価されている商品ですので、是非ご愛用いただきたいと思います。

デザイン上の特徴でもあるクリップにもこだわりが!
ラミー2000 4色ボールペンのクリップ スミ利  ラミー2000 4色ボールペンのクリップ スミ利
屈強なステンレス無垢のクリップはバネ仕掛けにより可動します。
LAMY2000 4色油性ボールペン スミ利文具店  ラミー2000万年筆と4色ボールペンの比較
実は、万年筆とはクリップのサイズが異なります。 上の写真左は万年筆との比較です。

ステンレスの無垢材で作られたクリップ。 シンプルなラミー2000シリーズのデザイン上のアクセントにもなっています。 キャップの内側にバネが仕込まれており、カチカチと洗濯ばさみの様に開閉させることができます。  筆記具に使われているクリップの多くは金属板そのものの弾力性を利用して機能を果たしています。 ところが、ラミー2000のクリップはご覧の通り、屈強なステンレス無垢材!こいつを撓らせるのは無理です。  そこで、キャップとの取り付け部分に工夫を施し、バネを仕込むことで、洗濯ばさみの様にカチカチ開閉する仕組みを考案しました。 今では、こうしたバネ仕掛けのクリップも当たり前の様に存在しますが、その最初がラミー2000なのです!  ラミーの先進性を示す一例として今も語り継がれています。  また、一見すると万年筆、ボールペン等、共通部品に見えるクリップですが、ペンのサイズに応じてクリップも専用のものが使われています。 デザインに妥協の無いラミーらしい部分ですね。

LAMYのロゴ  GERMANYの文字
クリップの付け根にはLAMYの文字が。 裏面にはGERMANYの文字が施されています。

ブランド名や生産国(特に先進国で生産している場合)は、他のメーカーではむしろ積極的に見せることで価値を上げようとしていますが、ラミーの製品はその逆で、直接機能に関係ない要素が極力排除、または目立たない様に工夫されています。 その為、一般的には重要視されるブランドロゴも、クリップの側面に小さく施されているのみ。生産国を示すGERMANYの文字に至ってはクリップの裏面に、まるで隠しているかの様に施されています。 その辺り、本当に徹底しているなーと感じます。 シンプルながら、デザインを一目見ただけでラミーの製品、ラミー2000であることが分かるのは流石です。



ご贈答用にも最適です!
ラミー2000には、ギフトパッケージも付属しており、ご贈答用にも最適です。 スミ利のラミー製品は国内正規輸入品ですので、日本語の説明書、保証書も付属しており、安心してご利用いただけます。 勿論、1本ずつ検品の上、状態や機能を確認済みで販売いたします。 舶来品としては品質が安定しており、ブランドイメージも良い為、贈り物としては最適かと思います。 ※パッケージのデザインや形状は出荷時期や、輸入元の在庫状況により変更される可能性がございます。



※同シリーズの万年筆も好評販売中です!
ラミー2000万年筆 スミ利文具店
ラミー2000万年筆 定価¥30,000+税
14金ペン先、インキ吸入式



ラミー2000 4色ボールペンの仕様
・定価(1本):¥12,000(+消費税)
・品番:L401
・ボールペン芯:黒、赤、青、緑の油性ボールペン
・付属品:取扱い説明書類、ボックス
・デザイン:Gerd A Muller(ゲルト・ミュラー)
※正規輸入品(日本総輸入元DKSHジャパン)
・生産国:ドイツ
※メーカー、輸入元の都合により、仕様変更される場合や、生産終了する場合がございます。

スミ利HP掲載開始年月日:2017年12月15日


ラミー2000 4色ボールペンの通販について

スミ利文具店では、ラミー2000 4色ボールペンの通販にも対応しております(その他のスミ利取り扱い商品と一緒にお見積り可能です)。 お支払方法は、郵便振替または銀行振込による先払いか、郵便局の代金引換とさせていただいております。販売価格、在庫状況等、詳しくは、ご注文予定の商品名、ペン種、数量、お名前、ご住所(都道府県名)、お電話番号をお知らせいただければ、折り返し在庫状況を確認し、商品代(販売価格)や送料を計算してメールにてお知らせいたしますので、その上でご検討いただければと思います(万年筆本体以外にも、インク類やその他スミ利取扱い商品もあわせてお見積り可能です)。 ご不明の点がございました際はお気軽にご相談下さいませ。

通販のお問い合わせ

在庫状況、販売価格等、通信販売のお問合せはこちらまでメール下さい!
※必ず、ご希望の商品名と個数、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記下さい。
ご質問等が有る場合もこちらからメールお願いいたします。

ご注意
※携帯メール、フリーメール(無料メール)をご利用の場合、お客様の設定等により当店からお送りしたメールが受信されない場合がございますので、当店のメールドメイン @sumi-ri.com を受信可能な状態に設定をお願いいたします(当店側の不備ではございません)。 また、メールをお送りいただいて24時間以上経過しても当店からの返事が無い場合はお手数ですがお電話等でご一報下さい。 ※出張、休暇等により担当者不在で24時間以内にお返事をお返しできないことが予め判明している場合は、スミ利文具店ホームページのトップページ「今月のお知らせ」欄等にてご案内いたします。

特定商取引法に基づく表示


スミ利文具店

Sorry, we do not accept the order from outside of Japan. We do not deliver our items abroad.